“島あるある”の醍醐味

鹿児島県 徳之島 のコラム担当のゆかりです。 おひさしぶりです。 気付けば移住して半年が過ぎていました。 前回の投稿からは3ヶ月も経っていました。。。。

気付けば夏があっという間に過ぎていました。 といっても11月末までは、半袖とタオルケットで寝ていました。 出勤は半袖とビーサンで、アブラゼミが鳴いていました。さすが南の島、すごいです。

パイナップルってこうやって出来るって知らなかった

2020年の夏は、とっても濃い日々でした。

兼業農家でジャガイモ畑をすることになったり、 突然、住んでいる家を出ていってほしいと言われたり(!)、 休日は新しい家探しに走りまわったり、 そんな中、祖母が亡くなって島での壮大なお葬式を経験したり、 過去最大級の巨大台風が来ると言われ、その備えをし、避難所デビューをしたり、 祖母の四十九日を終えるまで2ヶ月間、親と同居することになったり、、、

会う人、会う人に「大変だね…」と声を掛けていただいた半面、口を揃えて全て見事に「“島あるある”だね~」と言われまくりました

「“島あるある”の洗礼、嵐のように受けまくってますね~」と。

どうりで。しんどかったなあ。。。。。。。

色々と重なると大変だったけど、「郷に入っては郷に従え」精神があったためか、どれも島暮らしだからこそ経験することやなあと思うと、目の前の事柄と自分の価値観をひとつひとつ擦り合わせながら、向き合ってやってこれたかなと思います。

その時期はしんどすぎてコラムを更新する余裕の無い日々でしたが、でも島暮らしの楽しい部分ばっかりじゃなくて、こういう揉まれる経験こそが良い意味で“生活の臭み”があるというか、醍醐味でもあるというか、自分が移住検討者だったらこういう話も聞きたいなあと思ったので、当時の記憶を手繰り寄せながら、またぼちぼち更新していきたいと思います。よろしくお願いします。

そんなこんなで色々と揉まれていましたが、半年経ってみてトータルでの感想は、「やっぱり島暮らし、めっちゃいい!!」です。

今は特に、ジャガイモ畑がめっちゃ大変やけど、でもめっちゃ楽しいです。

太陽の光を浴びて身体を動かして、そして疲れすぎて夜は21時半に寝ちゃう。そりゃ健康になるよな、と納得です。

畑仕事してて、ぱっと顔を上げたら、最高の癒し

そしてしんどいことばかりじゃなくて醍醐味もお伝えしたい。ので、こんなことをコラムに書きたいな~と、ふと浮かんでは書き記していた、島暮らしの醍醐味メモも残しておきます✍️(こういう話をたくさん人と交わしたい?)

・台風のときは台風の楽しみ方がある。

・島暮らしはセロトニン(幸せホルモン)が増えることがいっぱい。

・夕焼け空が綺麗すぎる日は残業しないという勇気を持つことが自分の世界を広げる。

・虹が出ている時は仕事の手を止めて見とれる時間の余裕を持つことが大事。

・農業は五感をフルに使う最高の作業。

・「今日こんなことがあった」を話せる相手がご近所にいることの幸せさ。

・島は「ゼロワン方式(無いなら作る)」「システムD(あるもので何とかする)」精神がすごい。

・そもそも日本自体が離島、という視点を持つと社会問題が面白い。

・「今しか出来ないこと」と「今だからこそ出来ること」をしっかり考える。

クバの葉で編んだカゴ、かわいい。

特に島に来てからしょっちゅう思ってることがあって、物事を決断するときの判断基準が、「せっかく島暮らしをしてるんやから、もっとやりたい事をやろう」という考え方になっていること。

そしたらだいたい、えいや、とチャレンジする方を選べています。

でもそれって、「せっかく生きてるんやから、もっとやりたい事をやろう」にも全然置き換えられる事やし、じゃあそれって大阪の都会で暮らしてたときだって持てた概念やったよなあ、と。

やらない言い訳がたくさん拾えた都会は、それはそれで好都合やったんやな、としみじみ思います。

「今しか出来ないこと」

「今だからこそ出来ること」

「徳之島だから出来ること」

「生きているから出来ること」

しっかり見極めながら、やりたいことをもっとやっていこうと今、文章を書いていて改めて思いました。決意。

最後までお読みいただきありがとうございました。

#徳之島#郷に入っては郷に従え#島あるある

GO BACK LISTS

AUTHOR

ゆかり

2020年の春から大阪→徳之島へ夫婦で移住。 両親が徳之島出身、自分は大阪育ちの、いわゆるしまんちゅ2世。 昔から自然が大好きで「いつか海の近くで暮らしたい」と思っていた。 知らないことを知ることがとにかく好きで、気付けば世界一周、26ヵ国36都市を訪問。 世界を巡れば巡る程、ローカルの可能性をひしひしと感じると同時に、大好きな徳之島のポテンシャルを再確認。 現在は島で作業療法士をしながら、「地域✖️好き✖️経済」という循環する形での、島内外のモノ・コト・ヒトを繋げるお手伝いを模索中。

島結人shimayuijin

VIEW MORE