【Event Report】shimanagashiプレのステキな寄り道@小値賀島 part2

Reportshimanagashi

こんにちは。
離島移住計画の晋作です。

11月下旬、長崎県上五島へのshimanagashiプレ、小値賀島part2です。
part1はこちら。
【Event Report】shimanagashiプレのステキな寄り道@小値賀島 part1

前回は小値賀島に1人で先に上陸。
そして今回、みんなと合流したところから。

他のメンバーと合流、雰囲気最高の古民家へ。

shimanagashiのテーマは“人とつながる”こと。
島の人はもちろん、参加者同士の出会いもあります。

今回わたしは離島移住計画メンバー以外、ほぼ初対面。
人見知りなわたしですが、島の解放感も手伝い、すぐ打ち解けました。

合流後、 島日より旅日より というメディアを運営する参加メンバーのお2人が泊まる古民家”日月庵”へ。

入ってみると…、めちゃくちゃ素敵。

雰囲気最高。
ちょっとお値段は張りますが、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしたい方はぜひ。

古民家ステイを運営する おぢかアイランドツーリズム の方も素敵でした。
めっちゃお世話になりました。
宿泊しないメンバーを車で全然関係ないとこまで送っていただいたり。
ありがとうございました!!

改装中の宿へ。

小値賀の”会いたい人”、民泊開始のため古民家をリフォーム中のハッシーに会いに。
その古民家は、なんと築約120年
奥さんや、海外から移住してこられた仲間と一緒に改装されていました。

当時、地域の有力者が住んでいたらしく、造りが珍しい家でした。

なんと家の基礎のほぼ全面が石畳

普通、昔の家は土。
基礎だけでも相当大変そう…。

他にも随所に凝った造りがありました。

家の中を見て回るだけでも楽しい。

この昔の造りを残す改装をされていました。
例えば、壁。
なんと、もともとあった土壁をきれいに復元!
やり方は自分たちでインターネットなどで調べたそう。
すごい…。

そして改装の様子をSNSで発信
それがまた楽しそう!

古いものを壊し新しいものに変えるのは、便利で快適。
でも、古いものからその土地の歴史や価値が見えてきます。

わたしの島は昔、竹で家をつくっていたそうですが、今はもちろんありません。
今、竹でつくった家に住みたいかと言われれば…、Noです。
ただ、その歴史がなくなって、忘れられるのは寂しいことです。
竹島なのに、竹を全然使ってない島になったら魅力を感じなくなる気がします。

その土地の歴史を後世に残していくこと。
義務感でやるんではなく、楽しんでやれたら一番いいですね。

小値賀は昔の街並みや古民家を活かしたすてきな島。
part3に続きます。

▼▼訪れた場所▼▼
古民家”日月庵”

おじかアイランドツーリズム
〒 857-4701
長崎県北松浦郡小値賀町古路島郷2791−13
TEL:0959-56-2646

▼▼訪れた場所▼▼
【燠火(おきび)※平成31年4月オープン予定】

小値賀島内